Reuters logo
5月ユーロ圏総合PMIは低下、サービス部門は約3年ぶり高水準
2014年5月22日 / 08:22 / 3年前

5月ユーロ圏総合PMIは低下、サービス部門は約3年ぶり高水準

[ロンドン 22日 ロイター] - マークイットが発表した5月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、総合が53.9で、約3年ぶり高水準だった4月の54.0から小幅低下した。ロイターがまとめたアナリスト予想とは一致した。

PMIは、50が景況の改善・悪化の節目。

製造業PMIは52.5で、4月の53.4から低下。予想の53.2も下回った。一方、サービス部門PMIは53.5で、4月の53.1から上昇。53.0に低下するとの予想を覆し、2011年6月以来の高水準となった。

マークイットのシニアエコノミスト、ロブ・ドブソン氏は今回の結果について「ユーロ圏の景気が過去3年で最も勢いづいているうちに入ると言える状況に変わりはない。フランス以外、ユーロ圏全域に勢いがある」と述べた。

フランスは総合PMIが49.3に低下。前月まで2カ月は50の節目を上回っていたが、再び割り込んだ。ドブソン氏は、フランスはドイツとは異なり、国内市場がまだやや低迷していると指摘した。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below