Reuters logo
メットライフのSIFIs指定は「恣意的」、米地裁が無効判断理由
2016年4月7日 / 19:41 / 1年前

メットライフのSIFIs指定は「恣意的」、米地裁が無効判断理由

4月7日、関係筋によると、米メットライフに対するシステム上重要な金融機関(SIFIs)認定は無効とする判断に対し、米政府は上告する公算が大きい。 写真は2008年10月、ニューヨークで撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米連邦地裁判事は7日、生保国内最大手メットライフ(MET.N)に対する「システム上重要な金融機関(SIFIs)」指定は無効と判断した理由を公表した。当局による指定は「恣意的で気まぐれ」なものだったとしている。

ルー財務長官は地裁の判断に強く反発。2014年にメットライフをSIFIsに指定した金融安定監督評議会(FSOC)の判断を政府として積極的に擁護すると述べた。

オバマ政権の関係筋によると、米政府は地裁の判断について上訴する見通し。

連邦地裁が指定は無効との判断を下したのは3月30日。コリヤー判事は今回公表した判断理由の中で、FSOCはSIFIs指定に当たり、メットライフが米経済に多大な負の影響を及ぼす可能性があるとしているものの、「どの程度の影響が出そうなのか説明していない」と指摘。「それ故(指定は)恣意的で気まぐれだった」とした。

破綻すれば金融システムにリスクを及ぼすと政府がみなすSIFIsをめぐっては、ノンバンク4社が指定を受けた。メットライフはこれまで、指定を受ければ規制が強化されることを嫌い、指定を解消するために事業の分割を検討していることを明らかにしている。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below