Reuters logo
メキシコ国境の壁、建設費は最大2.46兆円=米政府の内部文書
2017年2月10日 / 01:40 / 8ヶ月後

メキシコ国境の壁、建設費は最大2.46兆円=米政府の内部文書

[ワシントン 9日 ロイター] - 米国がメキシコ国境沿いに建設する壁について、国土安全保障省の内部報告書で最大216億ドル(約2.46兆円)の費用と3年以上の期間が必要との見積もりが示されたことが明らかになった。ロイターが9日、同報告書を確認した。

 2月9日、米国がメキシコ国境沿いに建設する壁について、国土安全保障省の内部報告書で最大216億ドルの費用と3年以上の期間が必要との見積もりが示されたことが明らかになった。ロイターが同報告書を確認した。写真は米・メキシコ国境の壁ではためく米国旗。メキシコ・ティフアナ側から撮影(2017年 ロイター/Jorge Duenes)

トランプ大統領は昨年の大統領選で不法移民の流入を防ぐための壁の建設費用が120億ドルになるとの見通しを示していた。また、共和党のライアン下院議長とマコネル上院院内総務は、建設費用が最大150億ドルになると見積もっていた。どちらも今回の報告書で示された額を大幅に下回っている。

報告書は数日内にケリー国土安全保障長官に提出される見通しだが、その内容に沿った決定が下されるかは不明。報告書はケリー氏が任命したグループが作成。壁建設費用の予算措置について議会に承認を求め、建設に着手する前の準備の最終段階となる。

報告書では2020年末までに2000キロ超の区間にフェンスや壁を3段階で建設する計画が示された。

国土安全保障省とホワイトハウスの報道官はともに同報告書についてコメントを差し控えた。

報告書は建設資金の議会承認が4月か5月までに得られることを前提にしており、それを受けて建設業者を決定し、9月までに着工する計画。一部の区間については、政府が環境関連法の適用免除を考えていることが明らかになった。また、建設に向けて鉄鋼を調達する方針。

これまでの見積りよりも費用が増えた一因として、私有地の取得コストが挙げられている。

トランプ大統領は8日、「壁はいまデザイン中だ」と述べていた。

第1段階ではカリフォルニア州とテキサス州の42キロの区間で作業を行い、第2段階はテキサス州とアリゾナ州の242キロの区間が対象となる。第3段階は場所を特定せず、1728キロの区間としている。

第1段階の建設費用は3億6000万ドルとされた。第2、第3段階の費用はそれをはるかに上回り、私有地を多く含む広範な区域で建設が予定されている。

*円換算値を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below