Reuters logo
国連安保理、シリア空爆巡る決議案採決を6日は見送り=英外交官
2017年4月7日 / 01:42 / 6ヶ月前

国連安保理、シリア空爆巡る決議案採決を6日は見送り=英外交官

[6日 ロイター] - 国連安全保障理事会(安保理)は、化学兵器を使ったとみられるシリア北部での空爆を非難する決議案の採決を6日中には行わない見通し。英国の外交官が明らかにした。理事国間の協議は続いているという。

欧米諸国は、シリアのアサド政権軍が4日の空爆を実行したとみているが、シリア政府は関与を否定している。

米英仏の3カ国は4日、空爆を非難し、シリアに国際調査団への協力を求める内容の安保理決議案を提出。一方、ロシアはこの決議案の文言を受け入れられないとし、代案を提出した。

さらに、安保理の非常任理事国10カ国は6日夜、合意に向けて、3番目となる決議案を提出した。

決議案の採択には9カ国の賛成が必要で、かつ常任理事国である米、英、仏、ロシア、中国が拒否権を行使しないことが条件となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below