Reuters logo
みずほ、定期預金金利を再引き下げ 一律0.025%に
2016年2月8日 / 09:53 / 2年前

みずほ、定期預金金利を再引き下げ 一律0.025%に

2月8日、みずほ銀行は定期預金金利を全ての預入期間、金額で一律、0.025%にすると発表した。昨年11月撮影(2016年 ロイター/YUYA SHINO)

[東京 8日 ロイター] - みずほ銀行は8日、定期預金金利を全ての預入期間、金額で一律、0.025%にすると発表した。9日から適用する。同行は他のメガバンクと同様、前週末に8日からの定期預金金利引き下げを発表したばかり。日本銀行のマイナス金利導入を受け、金融機関も対応に頭を悩ませている。

1日で預金金利の変更をするのは珍しいが、5日にメガバンク各行が発表した金利引き下げで、みずほの金利の高さが目立つ結果になってしまったのが原因。

みずほは5日、預入期間が2年以上の大口定期預金(1000万円以上)の金利などを下げ、小口定期預金と同じ金利にすることなどを発表した。

同日、みずほよりも後に発表した三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の金利引き下げは、さらに低い水準のものとなった。

例えば、みずほ大口定期10年の金利は8日から0.085%になったのに対して、三菱UFJと三井住友はそれぞれ0.075%となっている。

みずほは預金金利の変更は市場の金利動向を反映したものとしながらも、今回の金利変更は他行の動きも影響しているとの見解を示している。

資金需要をはるかに上回る預金を抱える銀行業界にとって、マイナス金利政策は頭の痛い問題だ。日本では、預金に対するマイナス金利や手数料の導入は、顧客の反発が予想されるため難しいとみられる。

今後、日銀のマイナス金利政策が、さらに拡大、長期化した場合、預金の抑制が課題となる。

浦中大我 編集:田巻一彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below