Reuters logo
MLB=ゲレロ氏とラミレス氏ら、米野球殿堂入り候補に
2016年11月22日 / 04:26 / 1年前

MLB=ゲレロ氏とラミレス氏ら、米野球殿堂入り候補に

[21日 ロイター] - 全米野球記者協会は21日、2017年の野球殿堂入り候補を発表。米大リーグ(MLB)で外野手として活躍したウラジーミル・ゲレロ氏とマニー・ラミレス氏、名捕手だったイバン・ロドリゲス氏らが選ばれた。

 11月21日、全米野球記者協会は2017年の野球殿堂入り候補を発表。MLBで外野手として活躍したウラジーミル・ゲレロ氏(写真)とマニー・ラミレス氏、名捕手だったイバン・ロドリゲス氏らが選ばれた。トロントで2011年7月撮影(2016年 ロイター/Mark Blinch)

ゲレロ氏はエンゼルスなどで計16年間にわたりMLBでプレー。打率3割1分8厘、449本塁打、1496打点の通算成績を残した。

ラミレス氏はMLBで19年間プレーし、打率3割1分2厘、555本塁打、1831打点をマーク。ロドリゲス氏は21年間プレーし、捕手ではMLB史上最多の2427試合に出場した。

殿堂入りには、全米野球記者協会に10年以上在籍している記者による投票で、少なくとも75%の得票が必要となる。結果発表は来年1月18日。殿堂入り式典は7月30日、ニューヨーク州クーパーズタウンで行われる予定。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below