Reuters logo
北米映画興行収入=「モアナと伝説の海」が初登場首位
2016年11月28日 / 01:02 / 10ヶ月前

北米映画興行収入=「モアナと伝説の海」が初登場首位

 11月27日、バラエティ・ドット・コムなどによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニーの「モアナと伝説の海」が約62億6400万円を稼ぎ初登場首位となった。写真は14日、ワールドプレミアに出席する声優陣(2016年 ロイター/Danny Moloshok)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムなどによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニーの「モアナと伝説の海」(日本公開2017年3月10日)が5550万ドル(約62億6400万円)を稼ぎ初登場首位となった。感謝祭を含む5日間の興行収入は8110万ドルだった。

一方、そのほかの初登場作品は、総じてさえない結果になった。ブラッド・ピット、マリオン・コティヤールら出演のロマンチック・スリラー映画「マリアンヌ(原題:Allied)」(日本公開2017年2月)は、週末の興収が1300万ドルと4位に沈んだ。アンジェリーナ・ジョリーから離婚を申請されているブラッド・ピットが、同映画のプロモーション活動への参加を控えたことが、影響した可能性もある。

同じく初登場となった、2003年制作の「バッドサンタ」の続編は、週末の興収が610万ドルで8位に終わった。

また、初登場のウォーレン・ベイティ監督・出演作「Rules Don’t Apply(原題)」は、週末の興収が160万ドルとなり12位だった。

前週に初登場首位だったワーナー・ブラザーズの話題作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(日本公開11月23日)は引き続き好調で、週末の興収は4510万ドルと2位にランクインした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below