Reuters logo
北米映画興行収入=「モアナと伝説の海」が3週連続首位
2016年12月12日 / 04:17 / 9ヶ月前

北米映画興行収入=「モアナと伝説の海」が3週連続首位

12月11日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニーの「モアナと伝説の海」が約21.7億円を稼ぎ3週連続の首位となった。写真は11月ロサンザルスでの同作品のプレミア・イベントのようす(2016年 ロイター/Danny Moloshok)

[ロサンゼルス 11日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニーの「モアナと伝説の海」(日本公開2017年3月10日)が1880万ドル(約21.7億円)を稼ぎ3週連続の首位となった。公開後の興行収入合計は1億4500万ドルとなった。

惜しくも2位に付けたのは初登場のコメディ映画「OfficeChristmas Party(原題)」で、興収は1750万ドル。4500万ドルという低予算であることを考えると、大健闘と言えそうだ。

映画興行全体は引き続き盛り上がりに欠け、来週の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の公開を待ちわびる状況になっている。同作は公開後の週末だけで1億3000万ドルを上回ると予想されている。

3位はワーナー・ブラザーズの「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で1080万ドル。米国での興収は今のところ2億ドルを若干下回るが、12日にはこの節目を超えることになりそうだ。

4位がパラマウント配給のSF映画「メッセージ(原題:Arrival)」(日本公開2017年5月)で560万ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below