Reuters logo
国債応札義務「発行額の5%」 財務省検討、非価格競争入札を拡充
2017年3月17日 / 04:28 / 6ヶ月前

国債応札義務「発行額の5%」 財務省検討、非価格競争入札を拡充

 3月17日、財務省は、国債の特別資格機関21社を対象とする第1非価格競争入札の発行限度額を引き上げる方向で調整に入った。写真は都内で2010年9月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 17日 ロイター] - 財務省は、国債の特別資格機関21社を対象とする第1非価格競争入札の発行限度額を引き上げる方向で調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。通常の国債応札義務を5%とする案も併せて示し、今月22、23日の国債市場特別参加者会合と国債投資家懇談会で議論する。

第1非価格競争入札は特別資格を保有する金融機関が入札の平均価格で国債を購入できる仕組み。現在10%にとどめている限度額について、特別参加者が顧客からの委託に応じやすくするため、発行分の15%から20%とする案を軸に見直す。

会合では、国債入札時の応札義務を5%とする案も示す。発行額の100%を特別参加者が応札する米国の制度も参考に、今の4%から1%ポイント引き上げる。

国債入札には現行制度でも発行額の2、3倍の応札があるが、実現すれば応札額が発行額に届かない「札割れ」は生じない。

*内容を追加し、写真を差し替えました。

山口貴也 編集:田巻一彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below