その他
PR

ソニーの「ヴィータ」は「3DS」と競合せず=SCE幹部

2011年 09月 16日 00:13 JST
 
  • Mixiチェック

 [千葉 15日 ロイター] ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)のゲーム子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)で国内事業を担当するSCEジャパンの河野弘プレジデントは15日、ロイターとのインタビューで、12月17日に発売する新型の携帯ゲーム機「プレイステーション・ヴィータ」について、任天堂7974.OSの携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」との競合関係は発生しないとの見通しを示した。

 常日頃からゲームで遊んでいる「コア・ゲーマー」を重視しているため、任天堂の3DSとはターゲットが違うと指摘、「どちらかを買いたいと比べる人はあまりいないと思う」との見方を示した。

 アジア最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2011」の開催に当たり、インタビューに応じた。SCEは同日、PSヴィータの実機を国内で初めて公開した。

 また、河野プレジデントは、カプコン(9697.T: 株価, ニュース, レポート)のゲームソフト「モンスターハンター(モンハン)」の新作をヴィータから発売する話はないと述べた。モンハンは、現行の携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の販売をけん引した有力ソフトだが、カプコンは、モンハンの新作を任天堂の3DS用に開発中だと明らかにしている。

 インタビューの概要は以下のとおり。

――年末商戦でヴイータを国内発売する予定だが、今期はどのくらい販売する計画か。

 「目標は公表していないが、初回出荷の50万台の3Gモデルには100時間分の通信料を無料でつけるので、この50万台を早期に売り切るつもりだ。とにかくスタートダッシュが大事」

――04年12月のPSPの発売時と比べて、ヴィータの準備はどうか。   続く...

 
 

注目の商品

 9月15日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の河野弘プレジデントは12月発売の「プレイステーション・ヴィータ」は、「ニンテンドー3DS」と競合しないとの見通しを示した。写真は2010年11月、東京で(2011年ロイター/Toru Hanai)

外国為替フォーラム

写真
「ロボット革命」は来るか

世界屈指の「ロボット大国」日本。だが米国やドイツ、韓国や中国などに猛追され、その牙城が脅かされつつある。  記事の全文 

*統計に基づく世論調査ではありません。

ロイターの公式アカウントはこちら!