その他
PR

ソニーの「ヴィータ」は「3DS」と競合せず=SCE幹部

2011年 09月 16日 00:13 JST
 
  • Mixiチェック

 「当時は発売の時に一緒に提供できるソフトの数は限られていたが、今回は26タイトルをハードと同時に出す。そして開発中のソフトは100タイトルだ。過去のハード発売の時に比べるとソフトがバラエティ豊かなのは大きな違いだ」

――任天堂の3DSとの勝負をどうみるか。

 「社内ではヴィータと3DSは直接競合しないと思っている。商品コンセプトも違うし、見た目も違うし、(3DSの値下げで)価格も違う。ヴィータと3DSのどちらも持つという人はいるかもしれないが、どちらかを買いたいと比べる人はあまりいないと思う。かなり商品性が違う」

――ヴィータはコア・ゲーマーを意識しているか。

 「操作や入力、コントローラーやキーを考えてもコア・ゲーマーのニーズを満たすことが重要だ。一方で、ソーシャルとの連動やコミュニケーションなど、カジュアルなゲームもたくさん出してほしい。ただ、コア・ゲーマーを犠牲にしてカジュアルユーザーにプレステが流れてしまうというイメージは持たれないよう配慮している」

――スマートフォンとの競合はどうみるか。

 「競合はないと思う。スマートフォンでゲームをするユーザーにとっての価値はスマートフォンであって、ゲーム機ではない。スマートフォンにゲームの要素がついているだけ。われわれのコアバリューはゲームで、そこにコミュニケーションやソーシャルネットワークの要素がついている。だから、ゲーム機を買おうかスマートフォンを買おうかという人はいない」

――スマートフォンを持っているからゲーム機を買うのをやめようという層はいないか。   続く...

 
 

注目の商品

 9月15日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の河野弘プレジデントは12月発売の「プレイステーション・ヴィータ」は、「ニンテンドー3DS」と競合しないとの見通しを示した。写真は2010年11月、東京で(2011年ロイター/Toru Hanai)

外国為替フォーラム

写真
「ロボット革命」は来るか

世界屈指の「ロボット大国」日本。だが米国やドイツ、韓国や中国などに猛追され、その牙城が脅かされつつある。  記事の全文 

*統計に基づく世論調査ではありません。

ロイターの公式アカウントはこちら!