ソニーの「ヴィータ」は「3DS」と競合せず=SCE幹部

2011年 09月 16日 00:13 JST
 
  • Mixiチェック

 「当時は発売の時に一緒に提供できるソフトの数は限られていたが、今回は26タイトルをハードと同時に出す。そして開発中のソフトは100タイトルだ。過去のハード発売の時に比べるとソフトがバラエティ豊かなのは大きな違いだ」

――任天堂の3DSとの勝負をどうみるか。

 「社内ではヴィータと3DSは直接競合しないと思っている。商品コンセプトも違うし、見た目も違うし、(3DSの値下げで)価格も違う。ヴィータと3DSのどちらも持つという人はいるかもしれないが、どちらかを買いたいと比べる人はあまりいないと思う。かなり商品性が違う」

――ヴィータはコア・ゲーマーを意識しているか。

 「操作や入力、コントローラーやキーを考えてもコア・ゲーマーのニーズを満たすことが重要だ。一方で、ソーシャルとの連動やコミュニケーションなど、カジュアルなゲームもたくさん出してほしい。ただ、コア・ゲーマーを犠牲にしてカジュアルユーザーにプレステが流れてしまうというイメージは持たれないよう配慮している」

――スマートフォンとの競合はどうみるか。

 「競合はないと思う。スマートフォンでゲームをするユーザーにとっての価値はスマートフォンであって、ゲーム機ではない。スマートフォンにゲームの要素がついているだけ。われわれのコアバリューはゲームで、そこにコミュニケーションやソーシャルネットワークの要素がついている。だから、ゲーム機を買おうかスマートフォンを買おうかという人はいない」

――スマートフォンを持っているからゲーム機を買うのをやめようという層はいないか。   続く...


 
 
写真

「円安」に冷めた海外投資家

12年半ぶりの円安も、海外勢には全体的なドル高の一面にすぎず、今後売る通貨は別にあるだろうとJPモルガンの佐々木融氏は分析。  記事の全文 | 特集ページ 

 

注目の商品

 9月15日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の河野弘プレジデントは12月発売の「プレイステーション・ヴィータ」は、「ニンテンドー3DS」と競合しないとの見通しを示した。写真は2010年11月、東京で(2011年ロイター/Toru Hanai)

外国為替フォーラム

写真
円安に冷めた海外投資家

12年半ぶりの円安も海外勢にはドル高の一面にすぎず、今後売られる通貨は別だとJPモルガンの佐々木融氏は分析。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
原油に波乱、6月下落も=柴田明夫氏
 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
写真
FIFAに学ぶトップ生存術

会長選に落選したとしても、ブラッター氏の粘り強さには特筆に値する。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
残る「リーマンの亡霊」

リーマンショックの傷跡は、いまだに至る所に残っている。  記事の全文 

 
写真
限界近づく中国株ブーム

中国株活況の主要エネルギーがそろそろ残り少なくなってきたようだ。  記事の全文 

 
南シナ海で米国の「危険な賭け」
 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
写真
ブラッター会長が辞任拒否

FIFAのゼップ・ブラッター会長(79)は汚職問題がサッカー界に「不名誉と屈辱」を与えたとした上で、自身の責任を否定、辞任しない考えを示した。  記事の全文 | スライドショー 

ロイターの公式アカウントはこちら!