Reuters logo
PB黒字化「できるだけ早く」、インフレ率は上昇へ=伊藤元重氏
2017年6月1日 / 06:39 / 4ヶ月前

PB黒字化「できるだけ早く」、インフレ率は上昇へ=伊藤元重氏

 6月1日、経済財政諮問会議の民間議員である伊藤元重・学習院大学教授(写真)は都内で講演し、基礎的財政収支(PB)を2020年度に黒字化する政府の目標について「まだ不確実性はあるが、経済活力を高めながら、歳出と歳入改革によって黒字化にできるだけ早く持っていくというのが第一」だと述べた。2014年5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - 経済財政諮問会議の民間議員である伊藤元重・学習院大学教授は1日、都内で講演し、基礎的財政収支(PB)を2020年度に黒字化する政府の目標について「まだ不確実性はあるが、経済活力を高めながら、歳出と歳入改革によって黒字化にできるだけ早く持っていくというのが第一」だと述べた。

2018年度にPBを名目GDP対比1%の赤字に抑える目標(目安)については、消費税の10%への引き上げが19年まで延期されたため「どう考えるかということは議論しなければならない」としたうえで、「それは2018年の骨太(経済財政運営の指針)の最大のテーマの1つだろう」と述べた。

同氏はまた、デフレ脱却について、2016年秋からの世界経済の変化の影響を受けて日本経済は転換点に来ていると指摘、「これから急速な勢いで日本の物価、インフレ率は上がっていくだろう。日銀の目標である2%にはだいぶ時間がかかるが、1%くらいには上がってくる」と見通した。

労働市場改革の必要性についても言及。一部非正規雇用の労働者の賃金が急上昇している今が労働市場改革のチャンスだとして、経営者に対するマーケットフォースを利用して、非正規労働者の待遇を良くしていく必要があると語った。

宮崎亜巳

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below