Reuters logo
MSCI中国株組み入れ:識者はこうみる
2017年6月21日 / 00:25 / 3ヶ月前

MSCI中国株組み入れ:識者はこうみる

 6月20日、株価指数の開発・算出を手掛ける米MSCIは新興国株指数の見直し結果を発表し、中国本土上場の人民元建て株式(A株)を組み入れることを明らかにした。上海で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[20日 ロイター] - 株価指数の開発・算出を手掛ける米MSCIは20日、新興国株指数.MSCIEFの見直し結果を発表し、中国本土上場の人民元建て株式(A株)を組み入れることを明らかにした。中国株の指数組み入れによる影響などに関する市場関係者のコメントは以下の通り。

●資金フローへの影響は限定的か=UBS

<UBSウェルス・マネジメントの新興国市場アナリスト ルーシー・チウ氏>

決定を受け、センチメントが一時的に押し上げられるとみられるが、資金フローへの実質的な影響は限定的である可能性が高い。今回の指数組み入れ直後には約80億─100億ドルの資金が流れると予想している。ただ、それはA株の1日平均出来高、700億ドルに比べるとさほど大きな額ではない。

●人民元に上昇圧力=BKアセット

<BKアセット・マネジメント(ニューヨーク)のマネジングディレクター、キャシー・リエン氏>

人民元に上昇圧力をかけることは確実だ。当初は大幅上昇し、その後横ばいとなる可能性がある。人民元に対する需要は長期的に高まるが、政策でこれを相殺することになるだろう。

中国人民銀行(中央銀行)は人民元の過度な上昇を抑えるため、より積極的に対応する可能性がある。

中国はMSCI指数への組み入れに対し準備を進めてきた。組み入れは、最終的には世界の投資家にとり中国への投資が正当化される。

●国外からの投資開始まで一定の時間=アカディアンAM

<アカディアン・アセット・マネジメント(ボストン)のシニア・ポートフォリオ・マネジャー、アシャ・メータ氏>

中国のA株市場へのアクセスに注目し、資産を向ける海外投資家が増えることが予想される。バリュエーションがそれほど安いわけではなく、どれほどの上値余地があるかは分からない。また売買が可能になるまでは時間がかかると思われ、今回の発表は短期的にはプラスだが、国外からの投資が始まるまでは一定の時間がかかるかもしれない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below