Reuters logo
NASA探査機、準惑星ケレスで生命体形成に必要な有機分子発見
2017年2月17日 / 06:48 / 7ヶ月前

NASA探査機、準惑星ケレスで生命体形成に必要な有機分子発見

 2月16日、米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機が、火星と木星の間にある小惑星帯(アステロイドベルト)の準惑星ケレス(セレス)から、地球で生命体形成の成分となった可能性のある炭素系物質に近い物質を発見した。科学誌サイエンスに掲載された。写真は昨年12月撮影の提供写真(2017年 ロイター/NASA/JPL-Caltech/UCLA/MPS/DLR/IDA/

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 16日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機が、火星と木星の間にある小惑星帯(アステロイドベルト)の準惑星ケレス(セレス)から、地球で生命体形成の成分となった可能性のある炭素系物質に近い物質を発見した。科学誌サイエンスに掲載された。

ケレスは直径950キロメートルで、アステロイドベルト最大の惑星。岩石と氷に覆われているが、太陽系の地球外生命体を探索する科学者らの関心が高まっている。このように関心を集めている星にはほかに、火星や、木星と土星の月で海のあるものなどが含まれている。

物質を発見したのはNASAの探査機「ドーン」。ケレスの軌道上を2年近く周回している。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の科学者で「ドーン」の研究チームを率いるクリストファー・ラッセル氏は、ロイターへの電子メールで「これらの有機分子は微生物からは程遠いと思うが、この発見はわれわれに、ケレスをさらに調査する必要があることを教えている」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below