Reuters logo
欧州、米国の防衛費増額要求に屈すべきではない=欧州委員長
2017年2月17日 / 01:52 / 8ヶ月前

欧州、米国の防衛費増額要求に屈すべきではない=欧州委員長

[ミュンヘン 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のユンケル委員長は16日、欧州が行っている開発支援や人道支援も安全保障の一分野とみなされるとし、欧州は米国の防衛費積み増し要求に屈すべきではないとの見解を示した。

 2月16日、欧州連合(EU)欧州委員会のユンケル委員長は、欧州が行っている開発支援や人道支援も安全保障の一分野とみなされるとし、欧州は米国の防衛費積み増し要求に屈すべきではないとの見解を示した。写真はフランス・ストラスブールの欧州議会で、1月撮影(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

トランプ米大統領は、欧州の北大西洋条約機構(NATO)加盟国が国内総生産(GDP)の2%を防衛費に充てるという目標を達成しない場合、米国がNATOへの関与を見直す可能性を示唆している。

また、マティス米国防長官は15日、米国のNATOへのコミットメントが弱まるのを望まないならば、欧州加盟国は防衛費目標を達成する必要があるとの考えを示した。

これを受け、ユンケル委員長はミュンヘンでの講演で「米国はこのメッセージを何年も前から送っている。私はわれわれがこの要求に屈することに強く反対する」と述べた。

委員長は、ドイツが防衛費の対GDP比を1.22%から2%に引き上げた場合に財政黒字を維持できなくなると分かっているとした上で「米国が安全保障の概念を軍備に狭めている点は好ましくない」と批判。

「欧州が国防に加え、開発支援、人道支援で行っていることに注目すると、米国との比較は異なって見えてくる。現代の政治は防衛費の増強だけではなし得ない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below