Reuters logo
ナチスの略奪品積んだ幻の「黄金列車」、ポーランドで発掘開始
2016年8月17日 / 06:31 / 1年前

ナチスの略奪品積んだ幻の「黄金列車」、ポーランドで発掘開始

 8月16日、ポーランド南西部で、ナチスドイツ占領時代に突然姿を消したと言われる幻の「黄金列車」の発掘作業が始まった。写真は発掘現場のバウブジフに近い、ナチスの秘密地下トンネル。2015年8月撮影(2016年 ロイター/Kacper Pempel )

[ワルシャワ 16日 ロイター] - ポーランド南西部で16日、ナチスドイツ占領時代に突然姿を消したと言われる幻の「黄金列車」の発掘作業が始まった。

伝説によると、第二次世界大戦末期の1945年、ソ連軍が侵攻する直前に、ナチスの略奪した宝飾品や武器を積んだ列車がトンネル内で姿を消したとされる。これについてポーランド人とドイツ人の探検家が昨年、列車が地中に埋まっている場所を突き止めたと発表していた。

この日、発掘許可を取り付けたチームが、バウブジフ付近の3カ所で作業を始めた。広報担当者は「まずは線路を見つける必要がある。トンネルにつながっていれば、そこに列車があるはずだ」と話し、数日以内には発見できると自信をのぞかせた。

一方、同国のAGH科学技術大学は、列車がこの場所に埋まっている可能性は低いとの調査結果を明らかにしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below