Reuters logo
50万ドルの当たりくじが実は印字ミス、米ニューメキシコ州の男性
2015年1月7日 / 06:59 / 3年前

50万ドルの当たりくじが実は印字ミス、米ニューメキシコ州の男性

[アルバカーキ(米ニューメキシコ州) 6日 ロイター] - 米ニューメキシコ州の男性が、インスタント宝くじで賞金50万ドル(約6000万円)を当てたと思ったのに、宝くじ券の印字ミスで実は外れくじだったことが判明した。

男性は昨年12月、ガソリンスタンドでこのスクラッチ式カードを20ドルで購入したが、宝くじ会社はカードをスキャンして調べ、印刷ミスによる欠陥品だと判定した。インクの詰りでカードに示された数字の一桁がみえづらくなっていて、男性は当たりくじだと勘違いしたという。

宝くじ会社の担当者は「先週も下が破けたカードを持ち込み1000ドルの当たりくじだと申し立てた女性がいたが、この男性に行ったのと同様にプリンターで印字跡を調べたところ、なんと5万ドルの当たりくじだったことが明らかになり、すぐに小切手を支払った」と述べ判定は正確だと強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below