Reuters logo
個人消費は決して悪くない=新浪サントリーHD社長
2016年2月15日 / 10:53 / 2年前

個人消費は決して悪くない=新浪サントリーHD社長

 2月15日、サントリーホールディングスの新浪剛史社長(写真)は決算会見で、足元の個人消費について「決して悪くない」との見方を示した。2015年10月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]の新浪剛史社長は15日の決算会見で、足元の個人消費について「決して悪くない」との見方を示した。国内の政策に対しては「今まで通り、アベノミクスをしっかりとやりあげていくこと」と語った。

15日に発表された2015年10―12月期実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.4%となった。

新浪社長は「国内のファンダメンタルズは良好。海外の影響を受けないように、国内の消費をいかに増やしていくかが重要。パートも含めた賃金が継続的に上がることが、レジリエントな(回復力のある)経済を作るうえで必要なこと」と述べた。また、日銀によるマイナス金利導入の評価については「何でもやる姿勢は必要。結果はどうであれ、姿勢を示したことが重要」とした。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below