Reuters logo
前場の日経平均は3日続落、インフラ関連銘柄売られる
2017年2月24日 / 03:09 / 7ヶ月前

前場の日経平均は3日続落、インフラ関連銘柄売られる

 2月24日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比30円78銭安の1万9340円68銭となり、3日続落した。写真は東京証券取引所で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比30円78銭安の1万9340円68銭となり、3日続落した。米ダウは連日の最高値更新となったが、1ドル112円台まで円高方向に振れた為替が重しとなった。好業績銘柄の個別物色などを背景に一時プラスに転じる場面もあったが、買い戻しは続かなかった。コマツ(6301.T)や太平洋セメント(5233.T)など、トランプ相場の初期に物色されたインフラ関連銘柄が軒並み安となった。

TOPIXは0.06%安で午前の取引を終了した。ムニューシン米財務長官は23日、テレビ番組のインタビューに応じたが、税制改革についての新たな情報は提供しなかった。米国の政策に対する不透明感が意識された。

ただドル/円JPY=の下げは限定的。日経平均は寄り付き直後に150円を超す下落となったが、取引時間中は弱含む円相場に反応する形で持ち直した。

もっともTOPIXと同様、前引けにかけては前日終値近辺で推移。「方向感に乏しく、もみ合いに終始している」(SMBC日興証券・投資情報部部長の太田千尋氏)との声が聞かれた。東証1部の午前の売買代金は1兆円をわずかに下回った。

業種別ではガラス・土石が下落率トップ。鉄鋼、非鉄、機械がこれに続いた。半面、ノンバンクが上昇率トップ。東芝(6502.T)は急反発し、東証1部銘柄の売買代金でトップとなっている。

東証1部騰落数は、値上がり850銘柄に対し、値下がりが979銘柄、変わらずが163銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below