Reuters logo
前場の日経平均は続伸、買い戻しで一時200円超す上昇
2017年3月24日 / 02:59 / 6ヶ月前

前場の日経平均は続伸、買い戻しで一時200円超す上昇

 3月24日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比189円87銭高の1万9275円18銭となり、続伸した。写真は都内にある証券会社の株価ボード前で2015年3月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比189円87銭高の1万9275円18銭となり、続伸した。序盤は小安く始まったものの、円高進行の一服を受け買い戻しが入り、前日比で一時200円を超す上昇となった。東証33業種中、鉱業を除く32業種が値上がりした。前引けにかけては戻り売りが出てやや伸び悩む展開だった。

米下院では23日、医療保険制度改革(オバマケア)代替案の採決が延期されたが、米国株は小幅な下落にとどまった。海外時間で為替が1ドル110円台を付けるなど、円高基調が継続したことで、朝方は輸出関連株を中心に売りが先行したが、寄り付き後はドル高/円安が進行。法案採決が延期となっても大型減税策への取り組みは進むとの一部の楽観的な見方も市場に広がり、持ち直しの動きとなった。

ただチャート上で日経平均の日足は5日移動平均線(1万9275円87銭=24日前場)が上値を抑える格好となっている。「明確な買い材料が出たという訳でもなく、レンジ内での動きにとどまっている」(いちよし証券投資情報部課長の及川敬司氏)との声も出ている。

東証1部騰落数は、値上がり1630銘柄に対し、値下がりが280銘柄、変わらずが98銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below