Reuters logo
前場の日経平均は続伸、米株高と円高一服で イベント前で上値は重い
2017年6月8日 / 02:52 / 4ヶ月後

前場の日経平均は続伸、米株高と円高一服で イベント前で上値は重い

 6月8日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比9円35銭高の1万9993円97銭となり、続伸した。都内で昨年2月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比9円35銭高の1万9993円97銭となり、続伸した。米株高と円高一服を支援材料に2万円の大台を回復して寄り付いたが、買い一巡後は上げ幅を縮小。

前場後半にはマイナスに転じる場面もあった。英総選挙や欧州中央銀行(ECB)理事会など海外重要イベントを今晩に控え、買い上がる動きは限定的だった。下方修正された1─3月期GDP改定値も上値圧迫要因となった。

TOPIXも続伸。東証業種別では、米金利の上昇を背景に保険や銀行が高かった。半面、鉱業、不動産などが下落。

8日のコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の上院特別情報委員会での証言内容が事前に明らかとなり、「新材料が出てこなかった点が買い安心感につながった」(大和証券シニアストラテジストの石黒英之氏)との見方があった。

韓国軍によれば、北朝鮮が8日午前に同国東部から地対艦ミサイルとみられる飛しょう体を数発発射したが、市場の反応は薄い。「4週連続の発射となり短距離ミサイルようで、ノーインパクト」(銀行券証券)という。

東証1部騰落数は、値上がり1132銘柄に対し、値下がりが699銘柄、変わらずが181銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below