Reuters logo
日経平均は大幅反発、原油減産合意受けた米国株上昇を好感 
2016年9月29日 / 06:31 / 1年前

日経平均は大幅反発、原油減産合意受けた米国株上昇を好感 

[東京 29日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反発した。原油相場の急伸を受けた米国株高で、投資家の過度な不安心理が後退。序盤から幅広く買いが優勢の展開となった。1ドル101円台後半までドル高/円安方向に振れた為替も支援材料となった。

 9月29日、東京株式市場で日経平均は大幅反発。原油相場の急伸を受けた米国株高で、投資家の過度な不安心理が後退。序盤から幅広く買いが優勢の展開となった。写真は都内で2015年9月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

日経平均は後場に先物主導で強含み、前日比で一時291円高となる場面があったが、大引けにかけて伸び悩んだ。

石油輸出国機構(OPEC)での減産合意を受け、米国市場でエネルギー関連株が買われたことを背景に、業種別指数の鉱業.IMING.Tが一時7%超高。また鉄鋼.ISTEL.Tが一時4%近く上昇するなど、資源関連の上げが顕著となった。

欧州市場でドイツ銀行(DBKGn.DE)の株価が持ち直しの動きをみせたことも、市場心理の改善につながった。日経平均ボラティリティ指数.JNIVは取引時間中としては3営業日ぶりに20ポイントを下回っている。

ただ、原油相場が上昇基調を続けるかはなお懐疑的な見方もあり、「きょうの株高を見てトレンドが転換したとは見込みにくい」(国内証券)との声も聞かれた。

野村証券エクイティ・マーケット・ストラテジストの小高貴久氏は「商品市況の上昇に対し、きょうの日本株は好反応をみせた。だが、原油高に持続性があるかについては、まだ見極めなければならない」と指摘。日米の経済指標や米企業決算に市場の関心が移る中、「日米金利差による為替の変動が日本株の決定要因としてのウェートが高まっているのは否めない」との見方も示し、米金利動向を引き続き注視する必要があるとしている。

個別銘柄では、トクヤマ(4043.T)が大幅続伸。28日、太陽電池材料である多結晶シリコンの製造販売を手掛けるマレーシア子会社を売却すると発表し、材料視された。ミネベア(6479.T)との資本業務提携を発表した岩崎電気(6924.T)は、後場に急伸した。

半面、東京個別指導学院(4745.T)が反落。28日に発表した2017年2月期業績予想の下方修正を嫌気した。売上高は中間期の段階で予想を下回る見込みとなったほか、新規開校をはじめとした設備投資などで、利益が下振れる見通しとなったという。

東証1部騰落数は、値上がり1370銘柄に対し、値下がりが521銘柄、変わらずが87銘柄だった。

日経平均.N225

終値      16693.71 +228.31

寄り付き    16606.30

安値/高値   16584.14─16756.43

TOPIX.TOPX

終値       1343.25 +12.48

寄り付き     1340.62

安値/高値    1337.81─1347.93

東証出来高(万株) 176092

東証売買代金(億円) 18789.02

長田善行

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below