Reuters logo
今日の株式見通し=反発、米株高などで堅調地合い
2016年11月29日 / 22:56 / 10ヶ月前

今日の株式見通し=反発、米株高などで堅調地合い

[東京 30日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が見込まれている。前日の米国株高などを背景に序盤はしっかりとした値動きを想定。主力株を中心に循環物色されているといい、堅調な地合いが続きそうだ。

一方、石油輸出国機構(OPEC)総会などイベントを控えて積極的には買いにくく、利益確定売りなどが上値の重しになるとみられている。

日経平均の予想レンジは1万8200円─1万8400円。

29日の米国株式市場は反発。ヘルスケア関連銘柄が買われ株価全体を下支えした。7─9月の米国内総生産(GDP)改定値が市場予想以上に上振れしたほか、コンファレンス・ボードの11月米消費者信頼感指数が2007年7月以来の高水準となったことも支援材料となった。

シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は1万8355円、大阪取引所の夜間取引終値は1万8380円と前日終値に比べて高く、朝方は主力株を中心に買い優勢となりそうだ。

SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏は「足元ではヘッジファンドなどの短い資金ではなく、海外の長期資金がゆっくりと循環的に大型株を物色している」と指摘。良好な需給環境が日本株に買い安心感を与えているという。

一方、30日の総会を前にOPECによる減産協議が難航しているとの見方から原油格が下落していることは気がかり。為替も1ドル112円台半ばと日本株の追い風にはなりにくく、日中には利益確定売りが強まる場面もありそうだ。また大引けにかけてはMSCIの定期見直しに伴うリバランスの売買インパクトが見込まれている。

きょうの主なスケジュールでは、午前8時50分に10月鉱工業生産速報、午後2時に10月住宅着工・建設受注などが発表される。海外では、11月全米雇用報告(ADP)や10月米個人所得・消費支出(商務省)、11月米シカゴ地区購買部協会景気指数などが予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      18307.04 18951.12 14864.01

-49.85 2016年1月4日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物12月限 18355(円建て)

*内容を追加しました。

杉山容俊

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below