Reuters logo
今日の株式見通し=続落、円高嫌気し売り優勢
2017年2月19日 / 23:04 / 7ヶ月前

今日の株式見通し=続落、円高嫌気し売り優勢

[東京 20日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落が見込まれる。前週末の米国株は底堅かったものの、外為市場で円高が進んでいる。欧州政治リスクなどを背景とする円高警戒は当面続くとの見方もあり、輸出株などの上値が重くなりそうだ。

日中は為替にらみの展開だが、日銀ETF(上場投信)買いの期待から底堅さは維持すると予想される。

日経平均の予想レンジは1万9050円─1万9250円。

17日の米国株市場は、根強い政策期待に支えられダウ工業株30種が7営業日連続で終値の過去最高値を更新。S&P総合500種とナスダック総合も最高値で引けた。一方、外為市場ではフランス大統領選を巡る懸念から1ドル112円台後半まで円高が進行している。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は1万9130円、大阪取引所の夜間取引終値は1万9140円だった。週明けの東京市場でも円高進行が嫌気され、輸出株などに売りが先行するとみられる。

20日の米国市場がプレジデンツデーで休場となるため海外勢の売買が細るほか、国内には独自の材料も乏しく、東証1部の商いは閑散となりそうだ。市場では「売り先行後は為替にらみの展開になるが、下値を売り込む材料もなく様子見姿勢だろう。後場にかけては日銀ETF買いの思惑で底堅く推移する可能性もある」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ている。日銀は16日、17日と2日連続で700億円超の買いを入れている。薄商いが見込まれる中では相応の需給インパクトがありそうだ。

主なスケジュールは、1月貿易収支、1月コンビニ売上高が発表される。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      19234.62 19615.40 14864.01

-112.91 2017年1月5日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物3月限 19130(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below