Reuters logo
今日の株式見通し=もみ合い、米株安が上値の重しに
2016年10月13日 / 22:51 / 1年前

今日の株式見通し=もみ合い、米株安が上値の重しに

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみ合いとなりそうだ。前日の米国株安は上値の重しとなるものの、1ドル103円台後半を維持している為替が下支えする見通し。週末を前に手控えムードも広がりやすく、指数は薄商い下での一進一退が見込まれている。

日経平均の予想レンジは1万6600円─1万6850円。

13日の米国株式市場は下落。中国の9月輸出が前年比10%減と予想を大きく下回るとともに輸入が予想に反して落ち込み、同国経済の先行き懸念が再燃したため、ダウ工業株30種.DJIとS&P総合500種.SPXは一時3カ月ぶりの安値に沈んだ。

一方、ドル/円JPY=EBSは前日とほぼ同値水準で推移。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)は1万6775円、大阪取引所の夜間取引終値は1万6790円と横ばい圏にあり、朝方は動意に乏しい展開となりそうだ。

日中も外部環境をにらみながら小幅な値動きにとどまりそう。市場では「人民元安や中国の外貨準備高の減少などに対する警戒感が強まっており、参加者が乏しいなかでわずかな需給の偏りで値幅が出やすいが、基本的には様子見が続く」(いちよしアセットマネジメント執行役員の秋野充成氏)との声が出ている。

週末要因に加え、今晩にイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演などを控えていることも投資家の見送り姿勢につながりやすい。日銀は10月に入って「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象とするETF以外のETFの買い入れを実施しておらず、「短期筋は出方をうかがっている状態」(外資系証券)という。

きょうはオプションSQ(特別清算指数)算出日。市場観測ではSQ算出に絡む売買はやや買い越しとみられている。午前8時50分には対外及び対内証券売買契約等の状況(週次:指定報告機関ベース)などが発表される。

海外では9月中国PPI、CPI(国家統計局)、9月米小売売上高(商務省)などが注目される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      16774.24 18951.12 14864.01

-65.76 2016年1月4日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物12月限 16775(円建て)

*内容を追加して再送します。

杉山容俊

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below