Reuters logo
テニス=錦織はマリーに逆転負け、ツアー・ファイナル
2016年11月17日 / 00:12 / 1年前

テニス=錦織はマリーに逆転負け、ツアー・ファイナル

[ロンドン 16日 ロイター] - 男子テニスの年間成績上位8人が争う今季最終戦、ATPツアー・ファイナルは16日、ロンドンで試合を行い、シングルスの1次リーグ1組で世界ランク5位の錦織圭は同1位のアンディ・マリー(英国)に7─6、4─6、4─6で逆転負けを喫した。

 11月16日、男子テニスのATPツアー・ファイナル、シングルスの1次リーグ1組で世界ランク5位の錦織圭(写真)は同1位のアンディ・マリーに逆転負けを喫した(2016年 ロイター)

錦織は1時間25分に及ぶ第1セットをタイブレークの末に制した。合計3時間20分という試合時間は、同大会がロンドンで開催されるようになってからの最長記録。

マリーは試合後、「必死で戦った。圭に走らされ主導権を握られていたが、最終的に乗り越えた。こういう試合のために猛練習を積んでいる」とコメント。サーブでフリーポイントが取れるようになり、逆にリターンを苦しくさせたことが勝因と語った。

世界ランク3位のスタン・バブリンカ(スイス)は、同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)を7─6、7─6で下した。

A組は2勝のマリーがトップ。錦織とバブリンカが1勝1敗とし、チリッチは2敗。

*写真を追加して再送します

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below