Reuters logo
日産・ルノー、無人運転の配車サービス共同開発へ 仏交通大手と
2017年2月28日 / 09:54 / 8ヶ月前

日産・ルノー、無人運転の配車サービス共同開発へ 仏交通大手と

 2月28日、日産自動車と仏ルノーの連合は、運転者のいない自動運転車を活用した配車サービスを欧州最大の公共交通サービス会社、仏トランスデブと共同で開発すると発表した。日産とルノーの新車、フランスのルノー工場で23日撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 28日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)と仏ルノー(RENA.PA)の連合は28日、運転者のいない自動運転車を活用した配車サービスを欧州最大の公共交通サービス会社、仏トランスデブと共同で開発すると発表した。

今後、ルノーの電気自動車「ZOE(ゾエ)」を用いてフランス・パリで実証実験を行い、利用者の乗車予約や無人運転車の監視・運行管理に必要なシステム開発を進める。

トランスデブ社は19カ国に約8万3000人の従業員を持つ公共交通機関のコンサルティング企業で、プロジェクトの準備・管理から公共交通ネットワークの日常運行も実施。4万3000台の車両と路面電車の22路線を運行管理している。2015年の総売上高は66億ユーロ(約7850億円)。

日本国内では日産は、今年からディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T)と組み、無人の自動運転車を使った実証実験を始め、2020年までに無人運転による交通サービスの基盤、ビジネスモデルなどの検証を計画している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below