Reuters logo
北朝鮮、マレーシア人の出国を一時禁止 マレーシアも対抗措置
2017年3月7日 / 03:39 / 7ヶ月前

北朝鮮、マレーシア人の出国を一時禁止 マレーシアも対抗措置

 3月7日、北朝鮮は、マレーシア国民の北朝鮮出国を一時的に禁止すると表明した。マレーシアにいる北朝鮮の外交官・市民の安全を確保するためとしている。写真は北朝鮮国旗。北京にある北朝鮮大使館で2010年5月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[クアラルンプール/ソウル 7日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は7日、北朝鮮がマレーシア国民の同国からの出国を一時的に禁止したと伝えた。マレーシアにいる北朝鮮の外交官・市民の安全を確保するためとした。

北朝鮮の外務省が、在平壌のマレーシア大使館に出国禁止の理由を伝え、両国関係の発展のため、速やかかつ公正な問題解決を求めたという。

KCNAは、マレーシアの外交官と国民は、出国が禁止されている間も通常通り職務に従事し生活することが認められていると伝えた。

両国の関係は、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件を巡って悪化している。

これを受け、マレーシアのザヒド副首相は7日、同国に滞在する北朝鮮国民の出国を即時禁止すると表明したが、その後の記者団への説明で、出国禁止の対象は北朝鮮の大使館職員と政府関係者に限ると述べた。

マレーシア外務省筋によると、北朝鮮国内には11人のマレーシア人が滞在しているもよう。内訳は大使館職員が3人、その家族が6人、大使館以外での就労者が2人。

一方、マレーシアに滞在している北朝鮮人は数百人に上るとみられ、大半が学生と就労者。

マレーシアのヌル・ジャズラン・モハメド内務次官は7日、同国警察がクアラルンプールにある北朝鮮大使館を封鎖したと発表した。

ただ午後に入ると、大使館の車道を塞いでいたテープを外し警察車両を移動させた。

マレーシア警察はこの日、金正男氏殺害への関与が疑われ、北朝鮮大使館に身を隠しているとされる、3人の北朝鮮籍の男への聴取を求めていると表明。カリド長官は記者会見で「われわれが大使館に立ち入ることはない。彼らが出てくるのを待つ」と語った。

*情報を更新しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below