Reuters logo
コラム:トランプ氏の「ディール外交」通じない北朝鮮
2017年2月14日 / 02:01 / 7ヶ月前

コラム:トランプ氏の「ディール外交」通じない北朝鮮

 2月13日、トランプ米大統領にとって、残念ながら北朝鮮に対しては「切るべき札」がない。写真は、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験を伝えるテレビ報道。ソウルで12日撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[香港 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領にとって、残念ながら北朝鮮に対しては「切るべき札」がない。トランプ氏は貿易相手の日本や中国と米国が抱える潜在的なあつれきを和らげるために独特な外交術を駆使してきた。

ところが北朝鮮はもっと厄介な相手だ。雇用や商取引で折り合う余地がほとんどないからで、トランプ氏がビジネスで培った巧みな手腕は役に立たない。

北朝鮮は今回の発射で8月に実験した弾道ミサイルの性能向上を誇示している。米政府にとって懸念されるのは、新型ミサイルの射程が伸びた点にある。北朝鮮は国連安保理決議を無視して、米国土に届く核兵器の開発を進めている。トランプ政権発足後としては、今回が初めてのミサイル発射だった。

北朝鮮にしてみれば、米国が中国や日本と交渉を始めている中で「わが国も忘れるな」とのメッセージを発したように思われる。ミサイル発射直前に、トランプ氏は安倍晋三首相と非常に友好的な首脳会談を開催。先週には中国の習近平国家主席との電話会談で、以前には破棄する姿勢を見せていた「1つの中国」の原則を受け入れた。

トランプ氏はビジネスマンで、それは自身の外交にも表れている。日米首脳会談の前には日本を名指しして通貨を切り下げていると批判し、安倍首相が提唱してきた環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を宣言した。これに対して日本は、トランプ氏をなだめるために米国内での雇用創出を約束する形になった。中国との間でも、大規模な貿易や投資が米中関係を壊さないようにするための十分な理由となっている。

しかし北朝鮮はまったく違う難題をぶち上げている。米国との貿易はゼロで、対米投資するような企業も存在しない以上、トランプ氏の流儀では交渉を始める根拠は乏しい。安倍首相とトランプ氏はともに北朝鮮にミサイル発射実験を中止し、国連安保理決議の「厳格な履行」を強く促したが、同国への圧力を強めれば強めるほど、瀬戸際政策をエスカレートさせるだけに終わるリスクがある。今のところ、北朝鮮を経済的に国際世界に取り込むという代替策は検討課題に上っていない。つまり、トランプ氏の「ディール外交」は無用の長物化している。

●背景となるニュース

*北朝鮮は13日、新型中距離弾道ミサイルの試射に成功したと発表した。発射は日米首脳会談直後だった。

*北朝鮮は今回の発射実験で同国の核兵器技術が一段と進歩したとしている。ただ、これまでの実験で核弾頭をミサイル搭載可能なほど小型化できたという同国の主張は、外部機関によってまだ証明されていない。

*安倍晋三首相は北朝鮮の行動を「断じて容認しない」と語り、国連安保理決議の順守を求めた。安倍首相とともに会見に登場したトランプ米大統領は「私が皆さんに理解し、完全に承知してほしいのは、米国が偉大な同盟国である日本を100%支持するということだ」と述べた。

*北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は新年の演説で、同国が大陸間弾道弾(ICBM)の発射実験に近づいていると発言。同国がICBMの保有に成功すれば、米国の一部が射程内に入る恐れがある。今回のミサイルはICBMとみなされていない。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below