Reuters logo
ドル急伸、日銀マイナス金利と米GDP統計で=NY市場
2016年1月29日 / 23:48 / 2年前

ドル急伸、日銀マイナス金利と米GDP統計で=NY市場

 1月29日、終盤のニューヨーク外為市場はドルが急伸した。写真はドル紙幣。ソウルで2013年1月撮影(2016年 ロイター/Lee Jae-Won)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが急伸し、対円で6週間ぶりの高値に上昇した。日銀のマイナス金利導入決定に加え、昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)速報値が市場予想とほぼ一致したことが追い風となった。

ドル/円JPY=は米GDP統計の発表後、一時2.4%高の121.68円に上昇。昨年12月18日以来の高値をつけた。直近では1.9%高の121.05円。

シチズンズ・バンクのグローバルマーケッツ部門統括者、トニー・ベディキアン氏は、米国と他の主要中銀との金融政策の方向性がかい離していることがあらためて鮮明となっており、これがドルを支援したと指摘。「値動きが大きくなったのは、日銀の決定が予想外だったためで、ドル資産への資金流入が加速した」と話した。

昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は、季節調整後の年率換算で前期比0.7%増と、2.0%増の第3・四半期から急減速したが、市場予想とほぼ一致した。

月間では、ドルは対円で0.4%値上がり。日銀のマイナス金利導入決定まで、ドルは1.3%超下落していたが、この日の大幅上昇で下げを取り戻した。

ドルはユーロEUR=、ポンドGBP=、スイスフランCHF=に対しても1%超の値上がりとなった。

ドル/円 NY時間終値 121.07/121.09

前営業日終値 118.82

ユーロ/ドル NY時間終値 1.0833/1.0838

前営業日終値 1.0935

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below