Reuters logo
ドル下落、FOMC議事要旨と仏大統領選情勢で=NY市場
2017年2月22日 / 22:05 / 7ヶ月前

ドル下落、FOMC議事要旨と仏大統領選情勢で=NY市場

2月22日、ニューヨーク外為市場では、ドルがユーロと円に対して下落。FOMC議事要旨の内容や、フランスの大統領選で極右政党のルペン党首が勝利する可能性が低下したとの見方を背景に、ドルが売られた。16日撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロと円に対して下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が予想ほどタカ派的な内容ではなかったことや、フランスの大統領選で極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が勝利する可能性が低下したとの見方を背景に、ドルが売られた。

直近のユーロ/ドルEUR=は0.4%高の1.0572ドル。序盤では6週間ぶりの低水準となる1.0494ドルまで下落していた。

ドル/円JPY=は朝方の取引で一時、0.7%安の112.91円まで下落。終盤は0.5%安の113.13円となっている。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは序盤に1週間ぶりの高値となる101.720まで上昇していたが、終盤は約0.2%安の101.220で推移している。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した1月31─2月1日のFOMC議事要旨では、多くのメンバーが、雇用とインフレを巡る指標が予想通りに推移すれば「比較的近い」時期の利上げが適切になる可能性があると認識していることが示された。

ただ同時に、メンバーの間ではインフレが大きく上昇するリスクは小さいとの見方が多い中で、緊急に利上げする必要性は低く、仮に物価圧力が強まったとしてもFRBには対応する「十分な時間がありそうだ」との見解も示された。

FRBのイエレン議長は前週、追加利上げを待ち過ぎるのは「賢明ではない」と述べ、夏場までに追加利上げに踏み切る意向をにじませた。

みずほ銀行(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、シリーン・ハラジュリ氏は「(FOMC議事要旨の)メッセージは依然として(利上げに)いくらかのためらいがあることを伝えている。イエレン議長の議会証言から市場が感じ取った印象に対する、一種の警告となった」と指摘した。

一方、フランスの大統領選に出馬している中道のフランソワ・バイル元教育相は、中道・無党派候補のエマニュエル・マクロン前経済相に協力する考えを示した。バイル氏の支持はマクロン氏に有利に働く可能性がある。

BKアセット・マネジメント(ニューヨーク)のマネジングディレクター、キャシー・リエン氏によると「ルペン氏がフランスの次期大統領にならない可能性はユーロの支援材料になるとみられており、それがユーロが持ち直した理由だ」という。

ドル/円 NY終値 113.27/113.32

始値 113.04

高値 113.64

安値 112.91

ユーロ/ドル NY終値 1.0555/1.0557

始値 1.0498

高値 1.0573

安値 1.0496

*表を更新します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below