Reuters logo
ドル上昇、ISM製造業指数が米国債利回り押し上げ=NY市場
2017年7月3日 / 21:38 / 3ヶ月前

ドル上昇、ISM製造業指数が米国債利回り押し上げ=NY市場

 7月3日、ニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。米供給管理協会(ISM)の6月製造業景気指数が約3年ぶりの高水準となり、米国債利回りを押し上げたことがドル買いにつながった。6月撮影(2017年 ロイター/Thomas White/Illustration)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 3日のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇した。米供給管理協会(ISM)の6月製造業景気指数が約3年ぶりの高水準となり、米国債利回りを押し上げたことがドル買いにつながった。

ドル/円JPY=は一時6週間ぶり高値の113.45円まで上昇した後、終盤は0.9%高の113.40円。ユーロ/ドルEUR=は直近が約0.6%安の1.1358ドルだった。

この日はISM6月製造業景気指数が57.8と2014年8月以来の高水準に改善、米10年債利回りは一時2.35%とおよそ7週間ぶりの高さに達した。このため主要6通貨に対するドル指数.DXYは直近が0.62%高と、3月1日以来の上昇率になった。

第2・四半期のドル指数は、下落率が2010年以降で最大を記録した。海外の中央銀行が緩和縮小や利上げの検討を示唆したことが背景。ラフィキ・キャピタル・マネジメントの調査・戦略責任者スティーブン・イングランダー氏は「市場は各中銀が引き締め路線を進んでいけるかどうか議論しているが、今のところデータは中銀の想定通りに推移している」と指摘した。

4日の米独立記念日を控え、取引は全般的に閑散。ロイターは、欧州中央銀行(ECB)の一部政策担当者が、20日の次回理事会で声明から債券買い入れに関する緩和バイアスの文言を削除することに慎重になっていると伝えたものの、ユーロの反応は乏しかった。

ドル/円 NY終値 113.37/113.40

始値 113.04

高値 113.47

安値 112.85

ユーロ/ドル NY終値 1.1360/1.1368

始値 1.1373

高値 1.1378

安値 1.1355

表はロイターデータに基づいています

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below