Reuters logo
リスク回避でドル一時110円台、その後112円まで反発=NY市場
2016年2月11日 / 22:53 / 2年前

リスク回避でドル一時110円台、その後112円まで反発=NY市場

 2月11日、ニューヨーク外為市場ではドルが下落、一時110円台をつけた。世界経済減速懸念や銀行セクターの健全性に対する不安を背景に、米株安や米債券利回りの低下、円買いの動きが継続した。都内で2013年撮影(2016年 ロイター/Shohei Miyano)

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが下落した。特にドルは円に対して一時110円台に急落。世界経済減速懸念や銀行セクターの健全性に対する不安を背景に、米株安や米債券利回りの低下、そして安全資産とされる円買いの動きが継続した。

しかし安値を付けた後は、緩やかに112円台まで反発した。

ドル/円 JPY= は一時約2%下落、約1年3カ月ぶり安値となる110.98円を付け、その後持ち直して終盤は1%安の112.18円で取引されていた。

日銀は1月29日にマイナス金利政策の導入を決め、理論的にはこれで円安に転じると考えられていたが、政策効果に対する懐疑的な見方が台頭して、市場参加者は従来の経済ファンダメンタルズにとらわれず円買いを進めた。

バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ(ニューヨーク)のFXストラテジスト、イアン・ゴードン氏は「日銀のマイナス金利政策発表以降のドル/円の動きが示すものは、その政策が持続可能ではなく効果的でもないと市場が考えているというメッセージだ」と指摘する。

ゴードン氏は「このため円がこれほど強くなった。市場の見立ては、日銀の政策はうまくいかないということだ」とも語った。

主要通貨に対してドルを押し下げたもう一つの要因は、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ観測の後退。

FRBのイエレン議長はこの日、米上院銀行委員会で2日目の議会証言を行い、今年は段階的に利上げを行う見通しではあるものの、世界的需要の減少や株式市場の下落を受け、想定以上のペースで金融市場の引き締めが起こっているとの考えを示した。

ユーロ/ドル EUR= は約3カ月半ぶり高値となる1.1368ドルに上昇後、終盤の取引では0.45%高の1.1339ドルとなっている。ドルの主要6通貨に対するドル指数 .DXY は、直近0.4%安の95.52だった。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)のチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は「中銀が資産価格を押し上げ続けられるかどうかについて日々懸念が強まっている」と述べた。

ドル/円 NY時間終値 112.39/112.44

前営業日終値 113.34

ユーロ/ドル NY時間終値 1.1319/1.1321

前営業日終値 1.1287

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below