Reuters logo
ドル続伸、FRB高官のタカ派発言続く=NY市場
2016年3月23日 / 21:47 / 1年前

ドル続伸、FRB高官のタカ派発言続く=NY市場

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して続伸した。今週に入り、米連邦準備理事会(FRB)高官から早ければ4月にも利上げの可能性があるとするタカ派的な発言が相次いでいることが背景。原油価格の下落で資源国通貨が売られたことも、ドルの追い風になった。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは16日以来の高値水準に上昇し、直近は0.4%高の96.044となっている。

バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ(ニューヨーク)のFXストラテジスト、イアン・ゴードン氏は「ドルの幅広い上昇は、(米連邦公開市場委員会=FOMC)メンバーが総じて(利上げに)前向きな発言をここ2─3日行ってきたことが主導しているのは間違いない」と指摘した。

セントルイス地区連銀のブラード総裁はブルームバーグテレビのインタビューで、政策当局者は4月の次回FOMCで利上げを検討するべきだとの認識を示した。22日には、フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁が「利上げを進めるには十分な根拠がある」と述べた。

こうした発言でドルは買われ、先週のFOMC前の水準まで戻した。この会合ではメンバーの政策金利見通しが下振れし、イエレンFRB議長が会見で世界経済への懸念を示したことからドル安につながった。

ゴードン氏は「先週のFOMC以降に発言したメンバーは、声明文にあるハト派的な表現とハト派的な解釈を全体として打ち消そうとしており、4月と6月の利上げ可能性を大いに維持している」と語った。

終盤のドル/円JPY=はほぼ横ばい。一時約1週間ぶり高値をつけたが、米株がマイナスに転じると安全資産とされる円に買いが入った。

一方、資源国通貨の豪ドルAUD=やカナダドルCAD=は、原油先物価格が3%超下げたことで米ドルに対して売られた。

ドル/円 NY終値 112.35/112.41

始値 112.66

高値 112.90

安値 112.34

ユーロ/ドル NY終値 1.1183/1.1185

始値 1.1194

高値 1.1198

安値 1.1160

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below