Reuters logo
ドル小幅上昇、弱い指標などが重し=NY市場
2016年3月24日 / 21:41 / 2年前

ドル小幅上昇、弱い指標などが重し=NY市場

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅上昇した。ドルは5日続伸となったが、2月の米耐久財受注が低調だった影響や復活祭休日(グッドフライデー)を控えたポジション調整の動きから上値が重くなった。

直近のドルの主要6通貨に対するドル指数.DXYは96.133。今週に入ってから1%超上昇している。

こうしたドル高は、一連の米連邦準備理事会(FRB)の高官発言を受け、投資家が年内に2回利上げがある可能性を織り込んだためだ。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「今週のFRB高官によるタカ派的発言で、米利上げのリスクを総じて過小評価していた市場は意表を突かれた」と指摘した。

セントルイス地区連銀のブラード総裁は24日、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で経済見通しの下方修正が小幅にとどまったことは、利上げが「そう遠くない」可能性を示唆しているとの認識を示した。

ただ、この日は午後になってドルが伸び悩んだ。マニンボ氏は、2月米耐久財受注の減少や米週間失業保険申請件数が微増だったことに加え、休日前のポジション調整が広がったことを理由に挙げた。25日はグッドフライデーで米金融市場は休場となる。

ドル/円JPY=は一時、過去2週間近くで最大の上昇率を見せたものの、直近は0.4%高だった。ユーロ/ドルEUR=も8日ぶりの安値となる1.1144ドルまで下落する場面があったが、終盤は0.1%安の1.1155ドルに下げ渋った。

ポンド/ドルGBP=は、2月英小売売上高が市場予想ほど落ち込まなかったことを手掛かりに、買い戻された。ブリュッセルにおける爆発攻撃を受けて英国の欧州連合(EU)離脱懸念が高まったため、今週に入ってポンド/ドルは2%超下落していた。

ドル/円 NY終値 112.89/112.92

始値 112.61

高値 112.90

安値 112.39

ユーロ/ドル NY終値 1.1173/1.1175

始値 1.1167

高値 1.1186

安値 1.1145

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below