Reuters logo
ドルが対円以外で軟調、米早期利上げ観測後退=NY市場
2016年3月28日 / 21:46 / 1年前

ドルが対円以外で軟調、米早期利上げ観測後退=NY市場

 3月28日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円を除く主要通貨に対して軟化した。2月の米個人消費支出(PCE)が微増にとどまり、PCE物価指数も全体的な物価上昇圧力の弱さを示したことで、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が後退した。2013年1月撮影(2016年 ロイター/ REUTERS/Lee Jae-Won)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円を除く主要通貨に対して軟化した。2月の米個人消費支出(PCE)が微増にとどまり、PCE物価指数も全体的な物価上昇圧力の弱さを示したことで、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が後退した。

PCEは1月分も下方修正され、2月PCE物価指数はマイナスに転じた。これらのデータが、先週の複数の米連邦準備理事会(FRB)高官によるタカ派発言をきっかけに高まった4月ないし6月の利上げ期待を後退させた。

このため主要6通貨に対するドル指数.DXYは、1週間半ぶりの高値水準から下落し、直近は0.18%安の95.965となった。

ユーロ/ドルEUR=は23日以来の高値となる1.1218ドルに上昇した後、終盤は0.28%高の1.1195ドル。ドル/スイスフランCHF=は終盤0.39%安の0.9733スイスフランだった。

ドル/円JPY=は終盤0.27%高の113.35円。

BNPパリバ(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「第1・四半期の米経済成長はあまり見栄えのしない内容だったようだ。おそらくそれで、最近高まった6月の利上げ見通しが後退しているのだろう」との見方を示した。

TDセキュリティーズ(ニューヨーク)のシニア通貨ストラテジストや他のアナリストによれば、市場参加者は29日に予定されるイエレン議長の講演で、最近のFRB高官によるタカ派発言を裏付けるようなコメントがあるかどうか注視している。

また29日の2月の消費者信頼感指数や、4月1日の3月雇用統計などの米経済指標も注目材料となっている。

ドル/円 NY終値 113.43/113.48

始値 113.55

高値 113.55

安値 113.16

ユーロ/ドル NY終値 1.1193/1.1199

始値 1.1162

高値 1.1218

安値 1.1158

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below