Reuters logo
NY市場サマリー(21日)
2017年4月21日 / 21:54 / 5ヶ月前

NY市場サマリー(21日)

[21日 ロイター] - <為替>  ユーロが対ドルで下落した。接戦模様のフランス大統領選第1回投票に注目が集まった。

仏大統領選の各種世論調査結果によると、中道系独立候補のマクロン前経済相と極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が決選投票に進む公算が出ている。オプション市場EURVOL=では、ルペン氏と急進左派のメランション氏が優勢となる可能性を投資家が懸念する様子がうかがえた。

NY外為市場:[USD/J]

<債券>  国債価格が上昇。主要な米経済指標の発表もなく、市場の注目は23日に迫る仏大統領選挙の第1回投票に集まった。

仏大統領選に関する世論調査によると、極右のルペン候補と中道系のマクロン候補が5月7日の決選投票で対決する公算が大きいとみられている。BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏は「市場は仏大統領選に対し神経を尖らしているようだ。ルペン氏が優勢となっているためかもしれない」と語った。

米連邦準備理事会(FRB)が年内にあと2回利上げを実施するとの観測が後退し、トランプ米政権が近く財政・税制改革を実施できるとの期待が薄れる中、債券価格はこのところ上昇している。

ただ、トランプ大統領がこの日、来週26日に税制改革に関して大きな発表を行うと表明したことを受け、債券価格は上げ幅を縮小した。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 下落。仏大統領選の第1回投票を23日に控え、警戒感がくすぶっている。ただ、米主要3指数は週間ではそろって上昇し、S&P総合500種は3週間ぶりの上昇となった。

BMOプライベートバンクの最高投資責任者、ジャック・エイブリン氏は、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票や米大統領選の結果を踏まえ「誰しもが(仏大統領選の)成り行きを当然のこととみなして軽視していない」と語った。

ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)は2.4%安。産業部門のキャッシュフローが、自社予想(マイナス6億ドル)を大幅に超えるマイナス16億ドルとなったことを嫌気した。

油田サービス大手シュルンベルジェ(SLB.N)は2.2%安。休止していた設備の再稼動費用によって、利益率が圧迫されると警告した。

玩具マテル(MAT.O)も13.6%安。第1・四半期決算は、売上高が市場予想を超える落ち込みとなった。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> フランス大統領選を控えて警戒感が広がる中で買われ、続伸した。6月物の清算 値は前日比5.30ドル(0.41%)高の1オンス=1289.10ドル。 フランス大統領選の第1回投票を23日に控えて、投資家らのリスク回避姿勢が強まり、 安全資産とされる金が買われた。また、パリ中心部での銃撃テロに加え、北朝鮮などをめ ぐる地政学的リスクも引き続き金相場を支えた。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 米国内で増産が続いていることを嫌気し下落した。この日から中心限月に繰り 上がった米国産標準油種WTI6月物の清算値は、前日比1.09ドル(2.15%)安 の1バレル=49.62ドルと、清算値ベースで3月29日(49.51ドル)以来約3週間ぶりに50ドルの大台を割り込んだ。7月物は1.10ドル安の49.97ドルとなった。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below