2017年7月3日 / 22:03 / 3ヶ月前

NY市場サマリー(3日)

[4日 ロイター] - <為替> ドルが上昇した。米供給管理協会(ISM)の6月製造業景気指数が約3年ぶりの高水準となり、米国債利回りを押し上げたことがドル買いにつながった。

ドル/円JPY=は一時6週間ぶり高値の113.45円まで上昇した後、終盤は0.9%高の113.40円。ユーロ/ドルEUR=は直近が約0.6%安の1.1358ドルだった。

この日はISM6月製造業景気指数が57.8と2014年8月以来の高水準に改善、米10年債利回りは一時2.35%とおよそ7週間ぶりの高さに達した。このため主要6通貨に対するドル指数.DXYは直近が0.62%高と、3月1日以来の上昇率になった。

第2・四半期のドル指数は、下落率が2010年以降で最大を記録した。海外の中央銀行が緩和縮小や利上げの検討を示唆したことが背景。ラフィキ・キャピタル・マネジメントの調査・戦略責任者スティーブン・イングランダー氏は「市場は各中銀が引き締め路線を進んでいけるかどうか議論しているが、今のところデータは中銀の想定通りに推移している」と指摘した。

4日の米独立記念日を控え、取引は全般的に閑散。ロイターは、欧州中央銀行(ECB)の一部政策担当者が、20日の次回理事会で声明から債券買い入れに関する緩和バイアスの文言を削除することに慎重になっていると伝えたものの、ユーロの反応は乏しかった。

<債券> 国債利回りが上昇した。朝方発表された米供給管理協会(ISM)の6月の製造業景気指数が好調だったことで連邦準備理事会(FRB)が年内に追加利上げを実施するとの観測が高まり、中でも2年債利回りは約8年ぶりの水準に上昇した。

米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は57.8と前月の54.9から上昇し、2014年8月以来約3年ぶりの高水準となった。市場予想の55.2も上回った。

先週の欧州中央銀行(ECB)総裁とイングランド銀行(英中央銀行)総裁のタカ派的な発言が市場でなお意識されるなか、好調な米経済指標が発表されたことで米国債利回りは上昇。ソシエテ・ジェネラルの金利ストラテジスト、ブルーノ・ブライジンハ氏は、ISM製造業景気指数が好調だったことでFRBの引き締め観測が高まったとの見方を示している。

アナリストは、7日に発表される米雇用統計への期待から米国債の売りが出ていることも利回りの押し上げ要因となったと指摘。

TD証券(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ゲンナディー・ゴールドバーグ氏は「先週の中銀当局者の発言に加え、この日の米ISM製造業景気指数が好調だったことで、国債利回りは今後も上昇し続ける」とし、「7日の米雇用統計が堅調なら、国債に対する売りは継続する」と述べた。

この日はFRBの政策金利に最も敏感とされる短期債を中心に利回りが上昇。2年債US2YT=RR利回りが1.426%と、2009年6月初旬以来の高水準を付けたほか、3年債US3YT=RR利回りが1.595%と、約3カ月ぶりの高水準を付けた。

長期債利回りも上昇し、10年債US10YT=RR利回りは2.353%と約7週間ぶり、30年債US30YT=RR利回りは2.873%と、約3週間ぶりの高水準を付けた。

ただ、この日は翌日に独立記念日の祝日を控え午後2時までの短縮取引となったことで、商いは薄かった。

<株式> ダウ工業株30種とS&P総合500種が続伸して取引を終えた。エネルギー株や銀行株が買われ、ダウ工業株30種は一時、取引時間中の最高値を更新した。一方でハイテク株は軟調な地合いが続き、ナスダック総合指数は続落した。

セクター別では、S&Pエネルギー株指数が2.0%上昇して約1カ月ぶりの大幅上昇となった。エクソンモービル(XOM.N)やシェブロン(CVX.N)が値上がりしてエネルギー株指数の上げを主導した。

原油先物市場では北海ブレントと米国産標準油種WTIがいずれも1%を超える上昇となった。オニール・セキュリティーズのNYSEフロア部門ディレクター、ケン・ポルカリ氏は、原油相場の上昇によりエネルギー関連株に対する買い意欲が強まったと説明した。

S&P金融株指数.SPSYも1.3%上昇して全体相場を下支えした。だがS&P情報技術株指数.SPLRCTは0.9%低下してナスダック総合指数を圧迫した。

<金先物> 外国為替市場でドル高・ユーロ安が進み、割高感から売りが出て3営業日続落し た。中心限月8月物の清算値は前週末比23.10ドル(1.86%)安の1オンス=1219.20ドル。

<米原油先物> 需給引き締まり観測を背景に買われ、8営業日続伸した。米国産標準油種WTI 8月物の清算値は前週末比1.03ドル(2.24%)高の1バレル=47.07ドルと、 中心限月としては6月6日(48.19ドル)以来約1カ月ぶりの高水準。9月物の清算値は1.00ドル高の47.29ドルとなった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below