Reuters logo
米国株式はFOMC控えまちまち、ヘルスケア関連株に売り
2016年3月15日 / 21:06 / 2年前

米国株式はFOMC控えまちまち、ヘルスケア関連株に売り

 3月15日の米国株式市場は小幅安。写真はNY証券取引所のトレーダー、14日撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日の米国株式市場は、主要指数がまちまちで引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果をにらんで全般的に様子見気分が強まる中で、ヘルスケア関連銘柄や素材株の下げが目立った。

カナダの製薬バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナル(VRX.N)は51.5%の急落。2016年の売上高見通し引き下げとデフォルト(債務不履行)の恐れを警告したことが嫌われた。製薬のアラガン(AGN.N)は3.4%安。

S&P素材株指数.SPLRCMは0.9%下がった。

アップル(AAPL.O)は、モルガン・スタンレーが3月の「iPhone(アイフォーン)」需要が予想を上回るペースで推移していると指摘したため、2%上がった。

乳幼児向け栄養食品のミード・ジョンソンMJN.Nは11%上昇。買収のうわさが材料になった。

今回のFOMCで利上げは予想されていないが、投資家はイエレン連邦準備理事会(FRB)議長の会見を手掛かりに将来の利上げペースを探るとみられる。

ワンダーリッチ・セキュリティーズのチーフ市場ストラテジスト、アート・ホーガン氏は「重大な発表の前に模様眺めモードになるのは別に珍しくはない」と語り、16日午後にFOMCの結果が出るまではそうした展開が続くとの見方を示した。

ビーム・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクター、モハナド・アーマ氏は、FOMCの結果発表を前に投資家がリスク量を減らそうとしたため、大型株よりも小型株が売られがちだったと指摘した。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が下げ2256で上げ787(比率は2.87対1)、ナスダックが下げ2114で上げ707(2.99対1)だった。

トムソン・ロイターのデータによると、米取引所の合計出来高は約65億株で、過去20営業日平均の82億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 17251.53 +22.40 +0.13 17217.15 17251.70 17120.35 .DJI

前営業日終値 17229.13

ナスダック総合 4728.67 -21.61 -0.45 4731.14 4735.27 4712.07 .IXIC

前営業日終値 4750.28

S&P総合500種 2015.93 -3.71 -0.18 2015.27 2015.94 2005.23 .SPX

前営業日終値 2019.64

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below