Reuters logo
NY市場サマリー(28日)
2017年2月28日 / 22:46 / 7ヶ月前

NY市場サマリー(28日)

[28日 ロイター] - <為替> トランプ米大統領の議会演説を前に模様眺めの空気が強く、ドルが主要通貨に対してほぼ横ばいとなった。ドルは対円では下落。米国債利回りの低下が円を支えた。

トランプ大統領は演説で内政問題に重点を置き、税制改革の進め方について具体的な説明を行うとの期待は裏切られるのではないかと、投資家は警戒している。

この日の取引は月末特有のポジション調整が中心。投資家は新たにポジションをとることには消極的で、値動きは小さかった。

TDセキュリティーズの外為戦略部門の北米ヘッド、マーク・マコーミック氏は「市場はやや用心深くなっている」と述べ、相場を動かしたのはトランプ大統領の演説を控えた利益確定の動きと月末のポジション調整との見方を示した。

ドル/円は米国債利回りとの連動性が強まっている。この日は米国債利回りが低下し、円を下支えした。ウェルズ・ファーゴの通貨アナリスト、エリック・ネルソン氏は「円相場は引き続き米国の金利が主要なテーマになっている。今日は米10年債利回りが非常に小幅ながら下がっており、少なくとも目先は円の支えになるだろう」と話した。

<債券> 月末特有の買いが入るなか期間が長めの債券利回りが低下した。半面、3月の米利上げ観測が強まっていることを背景に短期ゾーンの利回りは上昇し、短長期債利回り格差は昨年11月以来の水準に縮小した。

トランプ米大統領の議会上下両院合同会議を同夜に控え、様子見気分も強かったとの指摘もあった。市場参加者の間では、トランプ大統領が税制改革やインフラ投資などをめぐり具体策を打ち出すことへの期待がある。

2・10年債利回り格差US2US10=TWEBは112bpに縮小し、11月以来の低水準となった。

このところ複数の米連邦準備理事会(FRB)当局者から、早ければ3月に利上げについて討議することを示唆する発言が相次いでいる。

サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁はこの日、米経済が完全雇用を達成し、インフレ率がFRBが目標とする2%に向けて上昇しつつあるなか、FRBは来月にも利上げに踏み切る可能性があるとの見方を示した。フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は、年内に3回の利上げが妥当との見通しを維持した。

CMEのフェドウォッチによると、37%の確率でFRBが3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げするとの見方が織り込まれた。

ただ、次回のFOMCまでわずか2週間を残す中、最近発表された経済指標は米経済が一段と速いペースでの利上げを必要とする状況に至っていることを示してはおらず、FRBが3月の会合で利上げに踏み切ることが可能かどうかには懐疑的な声も聞かれる。

朝方発表された第4・四半期の米国内総生産(GDP)改定値は年率換算で前期比1.9%増で速報値から変わらず、市場予想の2.1%増を下回った。

<株式> 反落し、ダウ工業株30種終値の過去最高値更新は12営業日でストップした。投資家がトランプ米大統領の議会演説待ちの姿勢を強めたほか、ディスカウントストアのターゲット(TGT.N)の低調な業績見通しが失望を誘って小売株が売られた。

トランプ氏が演説で経済政策の具体的な中身を示さなかった場合、一部の投資家が落胆しかねないが、とりあえずは成長を後押しする計画が進ちょくしている兆しだけで買い手掛かりになる可能性もある。ジョーンズ・トレーディングのチーフ市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「今の市場にはかなりの楽観論や浮かれた気分が広がっている。演説で政策の詳細が判明するとは思わないが、それで市場が失望するかどうかもはっきりしない。現在は期待に基づいて取引したがっているからだ」と話した。

オンライン証券のチャールズ・シュワブ(SCHW.N)は3.2%安。フィデリティ・インベストメンツに追随して上場投資信託(ETF)などの手数料を引き下げると発表した。同業のTDアメリトレード・ホールディング(AMTD.O)も10.4%下げた。

<金先物> 4日ぶりに反落。利益確定の売りで概ね軟調に推移した。対ユーロでドルが売られ、これに伴う割安感から昼ごろ一時プラス圏に浮上する場面もあった。その後は、トランプ米大統領の議会演説を控えて再び利食い売りの動きに押され、清算値確定直前に下げ足を速めた。

<米原油先物> 小反落。米国内の増産懸念が重しとなったものの、バイオ燃料に関する規制緩和の報が否定されたことを受けて買い戻しが入り、下げ幅を大きく縮小する展開となった。

トランプ政権が再生可能燃料協会(RFA)に対し、エタノールなどの活用に向けた規制緩和措置を関連改革の大統領令に盛り込むことを確約した、との一部報道をホワイトハウスが否定した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below