Reuters logo
NY市場サマリー(4日)
2016年3月4日 / 23:58 / 2年前

NY市場サマリー(4日)

[4日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで一時、1週間ぶりの安値をつけた。週間でも3週間ぶりに下落する見通しだ。2月の米雇用統計で時間当たり賃金が減少、連邦準備理事会(FRB)は利上げを急がないとの見方が広がった。

主要6通貨に対するドル指数はは一時、2週間ぶり安値付近の97.019をつけた。直近では0.24%安の97.361。ドル/円は午後の取引で上昇に転じ、一時114.25円の高値をつけた。リスク選好が高まったためとの指摘も出ている。

<債券> 国債価格が下落。朝方発表された2月の米雇用統計が市場予想を上回る好結果となったことを受け、売りが膨らんだ。ただ、同統計で賃金の伸びがさえない動向を示したことも意識され、利回りは伸び悩んだ。

統計を受け、指標10年債や30年債、さらに3、5、7年債利回りが急上昇し、軒並み約1月ぶりの高水準に達した。ただ、雇用統計の内訳で、時間当たり平均賃金が前月比0.1%減少、前年同月比では2.2%増と、前月の2.5%増から伸びが鈍化したことを受け、インフレ率が引き続き米連邦準備理事会(FRB)の目標を下回って推移していることが示されたとの見方が台頭し、利回りは上げ幅を縮小した。

<株式> 主要3指数が続伸して取引を終えた。朝方発表された2月の米雇用統計が、経済低迷への懸念を和らげつつも、早期の再利上げを警戒させるような内容ではなかったことが、市場に安心感を与えた。ダウ工業株30種平均は1月上旬以来初めて、終値で1万7000ドルを回復した。

米アップルは1.5%上昇し、S&Pの最大の押し上げ要因となった。米ヒューレット・パッカード(HP)から分社した法人向けハードウエア・サービス事業のヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は13.5%上昇した。決算が市場予想を上回った。

<金先物> 対ユーロでのドル安を背景に買いが優勢となり、3日続伸した。4月物の清算値は前日比12.50ドル高の1オンス=1270.70ドルと、中心限月の清算値ベースで2015年2月2日(1276.90ドル)以来約1年1カ月ぶりの高値を付けた。

<米原油先物> 堅調な米雇用統計などを追い風に買い進まれ、急反発した。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値は前日比1.35ドル(3.91%)高の1バレル=35.92ドルと、中心限月の清算値ベースとしては1月5日(35.97ドル)以来約2カ月ぶりの高値を付けた。5月物の清算値は1.42ドル高の37.75ドルだった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below