Reuters logo
米大統領が来月キューバ訪問、首脳会談へ 反体制派とも面会
2016年2月18日 / 15:10 / 2年前

米大統領が来月キューバ訪問、首脳会談へ 反体制派とも面会

 2月18日、オバマ米大統領は3月21─22日にキューバを訪問し、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談を行う。写真は国連総会で会談する両首脳。昨年9月撮影。(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン/ハバナ 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスは18日、オバマ米大統領が3月21─22日にキューバを訪問し、ラウル・カストロ国家評議会議長と首脳会談を行うと発表した。反体制派との面会も予定されているという。

現役の米大統領のキューバ訪問としては、1928年以来となる。キューバの人々や起業家などとの面会も予定されている。一方、フィデル・カストロ前国家評議会議長と会談する予定はないという。

大統領はツイッターで「キューバの人々の生活を向上させるための取り組みを一段と進めるため、来月キューバを訪問する」と語った。

米キューバ両国は昨年7月、54年ぶりに国交を回復した。ただ、キューバに対する経済制裁はまだ全面解除されていないほか、米国はキューバの人権状況も問題視している。

ローズ米大統領副補佐官(戦略広報担当)は、大統領が反体制派との面会も予定している、と明らかにした。

一方、キューバ外務省高官は、キューバ政府は人権問題も含めて米政府とどんな議題でも話し合う用意がある、と語った。同高官はまた、対キューバ経済制裁の全面解除や米海軍グアンタナモ基地の返還を求める、と明らかにした。

キューバにはミシェル大統領夫人も同行する。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below