Reuters logo
欧州首脳とオバマ米大統領、18日に対ロシア制裁を協議へ=関係筋
2016年11月17日 / 02:12 / 1年前

欧州首脳とオバマ米大統領、18日に対ロシア制裁を協議へ=関係筋

[ベルリン 16日 ロイター] - 複数の関係筋によると、欧州各国の首脳とオバマ米大統領は18日にベルリンで会談し、ロシアのウクライナ介入に伴う制裁措置の延長やロシアのシリア空爆に伴う追加制裁の可能性について協議するとみられる。

 11月16日、複数の関係筋によると、欧州各国の首脳とオバマ米大統領は18日にベルリンで会談し、ロシアのウクライナ介入に伴う制裁措置の延長やロシアのシリア空爆に伴う追加制裁の可能性について協議するとみられる。写真はアテネで撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

会談はメルケル独首相が主催。英国、フランス、イタリア、スペインの首脳も出席する。

8日の米大統領選で勝利したトランプ氏はロシアとの関係改善を図る意向を示しており、欧州では、オバマ政権と欧州連合(EU)が2014年に導入した対ロシア制裁を米国が今後も維持するのか疑念が生じている。

ドイツ当局者によると、会談では、来年1月末に期限切れとなるEUの対ロシア制裁を延長することでの合意が図られる。

オバマ大統領は16日にベルリンに到着。関係者によると、17日に予定されるメルケル首相との会談ではシリア情勢が議題となる見通し。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below