PR

英国の歴史研究家、自宅の裏庭に第1次大戦の塹壕を再現

2012年 11月 13日 16:21 JST
 
  • Mixiチェック

[サリー(英国) 10日 ロイター] 英国に住む歴史研究家の男性が、第1次世界大戦当時の兵士の生活への理解を深めるため、自宅の裏庭に18メートルの塹壕(ざんごう)を完成させた。

元教師でもあるアンドリュー・ロバートショーさんは昨年夏、ボランティアやアフガニスタンからの帰還兵らとともに、実際に使用された設計図を基にして塹壕を掘った。周りには有刺鉄線と砂袋を用意し、内部には台所、歩兵部隊の部屋、防空壕も完備させた。

塹壕の完成後には、ロバートショーさんは考古学者ら10人を塹壕で24時間生活させるという実験を行った。10人は兵士の姿をして参加し、ガスマスクなども使用したという。

ロバートショーさんは戦争をテーマにした本を多数執筆しているほか、スティーブン・スピルバーグ監督の映画「戦火の馬」では歴史コンサルタントとして衣装などについてアドバイスを提供した。


写真
崖や水中で「アイロンがけ」

世界で最も奇妙な「スポーツ」とされる「エクストリーム・アイロンがけ」の考案者が、11年を経て競技復帰を決めた。考案者のカムバックで競技人気に再び火がつくか、注目されている。  ビデオ 

 
写真

調整ムード強める米株を警戒

今週の日本株は不安定な地合いが見込まれている。米国株が調整ムードを強めており、日本株にも海外勢の売りが出やすい。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

11月10日、英国に住む歴史研究家の男性が、第1次世界大戦当時の兵士の生活への理解を深めるため、自宅の裏庭に18メートルの塹壕(ざんごう)を完成させた。写真はHOT UNDER THE COLLAR提供(2012年 ロイター)

写真

Photos of the week
2015年 03月 28日 11:30 JST 
Our top photos from the last week.