Reuters logo
パナマ、海外居住者の納税情報共有協定に調印=OECD
2016年10月28日 / 05:56 / 1年前

パナマ、海外居住者の納税情報共有協定に調印=OECD

[パリ 27日 ロイター] - パナマは27日、外国籍の納税者の情報を諸外国政府と共有する多国籍協定に調印した。経済協力開発機構(OECD)が発表した。

 10月27日、パナマは外国籍の納税者の情報を諸外国政府と共有する多国籍協定に調印した。経済協力開発機構(OECD)が発表した。写真はゼニツァで4月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

今年初めには世界中の富裕層や有力者がタックスヘイブン(租税回避地)であるパナマを利用して課税を逃れれている実態が、いわゆる「パナマ文書」によって暴露されていた。

OECDのグリア事務局長は署名について「パナマが課税逃れと闘い、国際的な期待に答えるために必要な行動を採るとの表れ」だと説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below