Reuters logo
原油先物一時29ドル割れ、イラン産原油や中国懸念で
2016年1月15日 / 19:21 / 2年前

原油先物一時29ドル割れ、イラン産原油や中国懸念で

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日の原油先物市場は一時、6%超急落し、1バレル=29ドルを割り込んだ。

供給過剰の長期化に加えて、中国株式市場の一段安やイラン産原油輸出に対する警戒感が重しとなっている。

1741GMT(日本時間16日午前2時41分)時点で、北海ブレント先物(3月限)が1.94ドル(6.3%)安の1バレル=28.94ドル。一時、2004年2月以来の安値となる28.82ドルをつけた。

米原油先物は2.01ドル(6.4%)安の同29.19ドル。2003年11月以来の安値、29.13ドルを記録する場面もあった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below