Reuters logo
原油価格が小幅高、底打ちの兆し受け=アジア時間
2016年2月29日 / 02:30 / 2年前

原油価格が小幅高、底打ちの兆し受け=アジア時間

[シンガポール 29日 ロイター] - アジア時間29日の取引で、原油価格が小幅に上昇している。底打ちの兆しが見られることが背景。

米原油先物CLc1は0053GMT(日本時間午前9時53分)時点で1バレル=32.88ドルと、ニューヨーク市場の清算値から0.10ドル上昇。過去1週間で15%超上昇している。

北海ブレント原油先物LCOc1は1バレル=35.15ドルと清算値から0.05ドル上昇。

ANZ銀行は「ロシアやサウジアラビアによる増産凍結をめぐる協議が引き続き市場を支援しているほか、米シェール業界が支出削減に向け石油掘削リグの稼働を減らしている。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズBHI.Nの週間統計では、リグの稼働数は13基減少し、400基となった」と指摘した。

ベーカー・ヒューズによると、減少は10週連続。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below