Reuters logo
原油価格の本格回復、18年まで困難か 過剰在庫解消せず
2016年7月3日 / 22:52 / 1年後

原油価格の本格回復、18年まで困難か 過剰在庫解消せず

[ロンドン 1日 ロイター] - サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は先週、米紙に対し、原油の供給過剰が過去数カ月間でようやく改善したとの見方を示した上で「今後の問題は、世界の(原油)在庫過剰がどれだけ速いペースで解消されるかだ」と語った。この答えは、ある状況を考えると見つけ出せそうだ。  

7月1日、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は先週、米紙に対し、原油の供給過剰が過去数カ月間でようやく改善したとの見方を示した。シンガポール沖で6月撮影(2016年 ロイター/EDGAR SU)

仮に現在だぶついている原油を全てタンカーに積み込んだとすると、タンカーの列はスエズ運河の全長の約3分の2に相当する100キロ超と推計される。  

アナリストやトレーダー、石油会社は、ナイジェリア並みの規模の産油国で供給が丸一年半減しない限り、過剰原油を一掃するには2018年までかかる公算が大きいとの見方を示している。  

原油価格は1月に数年ぶりの安値に落ち込んだ後、カナダやナイジェリアの供給混乱、減少の一途をたどる米産油量、世界的に堅調な需要が要因となり、ほぼ2倍に上昇した。  

ただ、アナリストらは、在庫過剰が少なくとも3億5000万バレルで、大型タンカー350隻を満杯にできる規模に膨らんでいると指摘。これが一掃されるまでは、原油価格が持続的に回復する可能性は小さいとの見方を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below