Reuters logo
OPEC産油量が過去最高更新、ナイジェリア押し上げ
2016年6月30日 / 15:12 / 1年後

OPEC産油量が過去最高更新、ナイジェリア押し上げ

[ロンドン 30日 ロイター] - 6月の石油輸出国機構(OPEC)石油生産量は日量3282万バレルと、前月比同25万バレル増加し、ロイターが統計を開始した1997年以来最高に達した。ナイジェリアの産油量回復などが押し上げ要因となった。

出荷データや業界関係者への取材を基にロイターがまとめた。

ただ6月の生産量はOPECが見込む第3・四半期のOPEC産原油需要の平均水準を下回る見通しで、増産しない限り、今後数カ月に需要が供給を上回る可能性を示唆している。

これまでの過去最高は1月につけた日量3265万バレルだった。

6月の最大の押し上げ要因はナイジェリアの生産回復で、増加分のうち日量15万バレルを占めた。ナイジェリアの産油量は武装勢力による石油施設への攻撃でおよそ20年ぶりの水準に減少していたが、6月半ば以降は攻撃が減ったほか施設の修復が進み、産油量が持ち直している。

サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)はともに日量5万バレル増。サウジの産油量は夏季のエアコン需要などを背景に日量1030万バレルに達した。

西側諸国による制裁解除後に市場シェア回復を狙うイランも、6月に生産量を拡大したが、伸びは鈍化しているもよう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below