Reuters logo
非OPEC産油国協調で日量120万バレルの供給減=ベネズエラ
2016年10月4日 / 19:41 / 1年前

非OPEC産油国協調で日量120万バレルの供給減=ベネズエラ

[カラカス 4日 ロイター] - ベネズエラのデルピノ石油・鉱業相は、石油輸出国機構(OPEC)非加盟の主要産油国が原油相場の安定に向けた取り決めに加われば、日量120万バレルの過剰供給が解消するとの考えを示した。

OPECは先週、原油生産量を日量およそ70万バレル引き下げ、同3250万─3300万バレル程度にすることで合意。11月総会での最終決定を目指している。

デルピノ氏は「OPECの減産合意で日量70万バレルが市場からなくなる。OPEC以外の産油国が加われば、これが日量120万バレルになる」と述べた。

またOPEC以外の主要産油国との交渉は「進んだ段階にある」とし、ロシアやオマーン、アゼルバイジャン、カザフスタンなどが「歴史的な合意」に参加するだろうとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below